FC2ブログ

神戸・三宮の整体サロン Soleil 近藤 光の健康講座

民間療法の限界にチャレンジする整体サロンの院長が紹介する健康法

年越し蕎麦が食習慣として一般的になったのは、江戸時代中頃のようです。その由来については下記のように説があります。


①そばは長く伸びるので延命長寿や身代が細く長くのびるようにと願う、形からきた説。「寿命そば」「のびそば」などとも言う。場所によってはそばに限らず、長いものならなんでもいいという所もあります。

②金銀細工師が散らかった金粉を集めるのにそば粉を使うために、金を集める縁起で始まったという説。そば粉は水に溶けるため、そば粉を水で練り金粉に押し付けて金粉を集め、水につけると金粉だけが底に沈むのでそば粉が使われました。

蕎麦にはルチンという成分が多く含まれています。このルチンには、毛細血管を強くし、血圧を降下させる作用があり、心臓病や動脈硬化、高血圧の予防にとても効果的です。

また、悪玉コレステロールの発生を防ぎ、脳の記憶細胞を活性化させるポリフェノールが含まれていたり、白米の2.5倍も食物繊維が含まれていたりと、蕎麦は身近で手軽なのに、非常に優秀な健康食品です。

江戸時代の人は、経験的に蕎麦が健康にいいことを知っていて、健やかな体で年を越そうとしたのかもしれませんね。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://39soleil.blog123.fc2.com/tb.php/187-402fdc6c

| ホーム |