FC2ブログ

神戸・三宮の整体サロン Soleil 近藤 光の健康講座

民間療法の限界にチャレンジする整体サロンの院長が紹介する健康法

20代後半の女性の患者様とお話してをして、骨格の話になりました。

弊院では、美しく見える姿勢や生活アドバイスを施術時に行っています。その方は、弊院にこられてから、日常生活でもきれいな姿勢を意識して生活するようにされているとのこと。

最近の流行は、骨盤調整ですが、骨盤の歪みに注目することは良いことだと思います。でも、骨盤だけの調整でいいのでしょうか?

どうして、骨盤が歪んでしまったのかに着目して、そこから改善していかないとまたゆがんでしまいます。骨盤の歪みは、足首や足を構成する小さな骨の歪みから来ていることもあります。

例えば、右足がゆがんでいるのがぐるっと回って、骨盤に来て、さらに左足に影響を与えて、左右の足の長さの違いになっていたりします。

四十肩、五十肩の例で言えば、左右の肩甲骨が影響していることも考えられます。

両腕をだらんとリラックスした状態にします。そして左腕をだらんと下げた状態で、右腕を横に限界まで上げて行きます。

Image492a.jpg

次に右腕を、そのままの状態にキープしたまま、反対の左腕を限界まで上げて行きます。

Image493.jpg

特に肩に問題のない方なら左腕は右腕の限界点以上に上がっているはずです。
このように、腕の動き一つをとっても左と右は一体となって関係しています。

そのような理由で、症状とは関係のない場所と思えるところもしっかり診て、不調の原因を追求することが大切です。


スポンサーサイト



| ホーム |