FC2ブログ

神戸・三宮の整体サロン Soleil 近藤 光の健康講座

民間療法の限界にチャレンジする整体サロンの院長が紹介する健康法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
加湿機能付き空気清浄機を導入する際に、最後まで迷ったのが神田うのさんの引き出物で話題になったantibac2K エアウォッシュマシン 「マジックボール(MAGIC BALL)」空気洗浄機!

モーターを高速回転をさせることにより、マジックボール内の水とソリューションという液体を攪拌し、ミスト状のカプセルにして空気中に散布するというしろもの。空気中のタバコの煙、細菌、ウィルス、悪臭、花粉などの有害物質は、水分、栄養分、空気が遮断されたカプセルの中で無害化され、気になるお部屋の臭いも元から取り除くということらしいです。

3色のLEDライトにより水面が揺れる変化を楽しみながら、水を使って除菌・消臭する効果があるとのこと。

話題性といいデザインといい、いい感じです。

空気清浄機にはフィルター式とマジックボールのように水をくぐらせ、水で空気をあらう方法があります。、フィルター式の場合は、使用回数によりフィルターが目詰まりなどを起こし、効果が下がることがあります。これに対し、マジックボールは水を交換すると新品同様で新しい香りも楽しめ、除菌・消臭機能も下がらないという利点があります。

でも、最終的には、見た目より機能面でシャープの加湿機機能付空気清浄機を導入しました。マジックボールは、ドイツ企業が作っているだけあって、デザインもいいのですが、やっぱり機能面、特に細やかな制御では日本製が勝っていると判断です。

一番大きな決定要因は、稼動時の音の問題です。マジックボールは、空気が清浄化されていようがいようまいが延々と水をまわしています。そのためモーター音と水の回転する音が常にしています。それに対し、シャープの方は、清浄化されてしまうとほとんど無音です。通常はほとんど無音。

また、マジックボールは水を使うので加湿効果もあるように思えるのですが、これは勝手な思い込みで、本当のところは加湿効果はありません。この点においても、ちゃんと制御ができるシャープの商品が勝っているということで、シャープを導入したわけです。

LEDが光ったり、アロマオイルのように香がだせたり、デザイン性では、マジックボールなのですが・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。