FC2ブログ

神戸・三宮の整体サロン Soleil 近藤 光の健康講座

民間療法の限界にチャレンジする整体サロンの院長が紹介する健康法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
デトックスすなわち排出。最近、よく耳にします。

では、何を排出するのかというと、身体にたまった「毒素」という感じがします。その「毒素」ってなんでしょう?そして、どうして私たちの身体に毒素がたまるのでしょうか?

 身の回りの毒素というと、意外かもしれませんが水道水や、汚染された土地や海でとれた野菜や魚には水銀やアルミニウム、ヒ素、鉛などが含まれています。これらは神経系統に深刻なダメージを与える恐れのある物質です。また、ダイオキシンなどの環境ホルモン、食品添加物も毒素ということができます。

 次に、これらの毒素はどのようにして私たちの身体の中に入ってくるのでしょうか。ルートとしては次の3つが考えられます。

①飲食物に混ざっていて口から入ってくる
②空気中を漂い、呼吸器から入ってくる
③皮膚から吸収されて入ってくる

 まず、①の飲食物に混ざっているものは、食物連鎖の頂点に立つ人間はどうしようもない部分ではあります。現在の地球は、人間が作り出した“毒素”で汚染されています。例えば、ダイオキシンなど環境ホルモンが工場の廃液として捨てられます。この段階では微量であったとしても、その水は海に流れて行き、プランクトンを汚染します。このプランクトンを食べた魚がさらに汚染されます。魚は生きるために、自分より小さいプランクトンを多量に食べます。そうするとダイオキシンを多量に身体に取り込み、身体に蓄積することになります。そして、少しずつ蓄積していったものを人間が食べることになります。最初は微量だったものが濃縮されて危険値になることもあります。

 男性より女性の方が一般に体脂肪率が高いので、食品添加物などを蓄積しやすい身体といえます。

 これらの毒素を洗い流すには、油を溶かすことのできる水、または酵素の活性化を高める水がいいです。こういった水を常用すれば、デトックス効果で、毒素を減らすことが可能です。

 よいミネラルウォーターか浄水器を使うことが大切です。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。