FC2ブログ

神戸・三宮の整体サロン Soleil 近藤 光の健康講座

民間療法の限界にチャレンジする整体サロンの院長が紹介する健康法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
特に女性は、閉経を過ぎるとホルモンのバランスが崩れてカルシウムが骨から溶け出し、これが進行して、骨量が少なくなって、もろい骨の状態(骨の中がスカスカ)を骨粗しょう症といます。男性も、女性ほどではないにしろ、年齢とともにバランスが崩れて同様のケースもあります。

さて、予防と改善策です。ずばり運動と食事の改善です。

①1日30分ぐらいの散歩

②1日にカルシウム600~1000mg、ビタミンDの補給

③1日30分は太陽にあたる

以上が効果的です。

①ですが、早歩きぐらいのスピードで歩きます。ゆっくり歩くというよりは、一生懸命な感じで、サッサと歩きます。胸を張って颯爽と歩きましょう。

少し体力が出てきたら、階段の昇り降りも効果があります。

②のカルシウムは小魚からとると自然でいいです。私の家では、犬君たちも骨粗しょう症予防にだし雑魚を食べています。ビタミンDはカルシウムの運搬をするために必要です。

③は、紫外線をあびるためです。紫外線をあびることで、体内に骨をつくるために必要な成分であるビタミンDを生成させたり、カルシウムやリンなどの鉱物質の吸収率を高めると言う作用をします。また皮膚や全身の抵抗力を増進、血液の循環も良くなります。

ただ、長時間浴びすぎると、しみや癌の原因にもなりますので、注意が必要です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。