FC2ブログ

神戸・三宮の整体サロン Soleil 近藤 光の健康講座

民間療法の限界にチャレンジする整体サロンの院長が紹介する健康法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

2000年10月5日 天候:晴れ 走行距離:113km

 急に秋らしくなって、阿蘇の朝は冷え込んで寒かった。ほんの3日前通過したときは、こんなに寒くなかったはずなので、驚きました。先日の雨以来寒くなったそうです。この季節は一雨ごとに寒くなります。

 スタートは半袖だったのですが、我慢できなくなってパカーを着ました。手がかじかんで動かなくなり、ブレーキがかけずらくなる程でした。すれちがう小学生や中学生はみんな冬の格好でした。

 先日、白水村から産山村に抜けた国道265号を逆走して高森まで走って、今日は延岡まで走ることにしました。

image11_20071202164449.jpg

image13.jpg

次の目的地は、宮崎県の綾町でした。最短距離で行こうとすると、九州中央山地国定公園を真っ直ぐに突っ切る国道265号を走るのですが、阿蘇YHの話では、この道路は国道とはついているものの、林道で狭くトラックも多くアップダウンも激しく、途中コンビニも宿もないので、遠回りになるが延岡に出て海岸線を行った方が良いとのアドバイスを頂いたからでした。

image12.jpg

image15.jpg

 改めて思うと、阿蘇は本当に大きいです。富士山よりも大きい山があったというのも、もっともだと思いました。前回通過時には、まだススキの穂は白くなっていませんでしたが、今回は銀色に輝いていました。

image154_20071202164528.jpg


image152_20071202164521.jpg

前回下ってきたところを今回は登るのですが、つづらおりの道を登らないといけませんでした。阿蘇の町がどんどん小さくなっていきました。

image17.jpg

 自転車のいいところは、どこでもすぐとまれるところでしょうか。写真を撮りたいとか風景を楽しみたいと思えばどこでも止まれるし、スピードを出したいと思えば、下りならそこそこ(?)まで出せます。登りはきついときもありますが、歩くよりはましだし、ゆっくりでも積み重ねればすぐに結構な高さまで上れます。

image182.jpg

 途中ダチョウ牧場や、先日、中学生が写生していた場所を通りすぎました。この場所は、阿蘇山が良く見える場所なのですが、あまり見えすぎるのも風呂屋の壁に書かれた富士山のようで趣がないものですね。

image18.jpg

 阿蘇の外輪山を抜けるまでは登りでしたが、あとはひたすら下りでした。先日、大分方面に抜けたときもかなり長い下りでしたが、今回の下りはもっと長かった。延岡市に入るまで全てくだりといっていいほどでした。

image20.jpg

image202.jpg

 高千穂峡から北方町まではものすごく深い谷をぬって走ることになり、風景を楽しむことが出来ました。ただ、先日来ブレーキシューがほとんどなくなっているのと、リアブレーキの微調整がうまく行かず、ブレーキの効きが今一なのが多少気になりました。

 北方町ぐらいから、五ヶ瀬川の川沿いの堤防を走ることになりました。アユ漁が盛んであるらしく、おとりアユや宿の看板が目立ってきました。川に船を出して漁も行っていました。更に下流に行くと、ヤナが組まれていました。ちょうど落ちアユの季節で、十分に育ったアユがおいしい季節です。

 しばらく走りつづけると、いよいよ下流になりだし、川原が広くなってきました。一日で川の上流から下流まで川に沿って走るのは、なかなかいいものです。上流では、川原の石も大きく、谷を流れ、川岸も切り立っていましたが、中流に差し掛かると川原も広くなり、川が蛇行したところには小石たまっていて川原になっていたりして、釣りやバーベキューをするのには良さそうなところもありました。そして下流には、コスモスが咲いていました。秋の軟らかい夕日にはえて美しかったです。
image27_20071202164716.jpg

image272.jpg

 延岡には、思ったより早く着いたので、日向市まで走ろうかと思いましたが、時間的に中途半端なので止めました。いろいろあって、結局完全休養を取っていなかったので、疲労がたまってきていました。そので、今日は早めにホテルにチャックインすることにしました。

 駅の観光案内所でホテルを案内してもらい、延岡グリーンホテルに泊まることにしました。

image168_20071202164636.jpg

さっさとシャワーを済ませて、夕食に出かけました。夕食は何にしようかと迷いましたが、結局、昼間に見たヤナのことが忘れられずアユにしました。川沿いを歩いていくと、この時期限定のプレハブ営業の簗場の店が出来ていた。少し高いかなと思いましたが2800円のアユづくし料理を頂くことにしました。しかし後で思えば、料金に納得がいく内容だったのでOKです。アユのセゴシ、塩焼きとみそ焼きが各2匹にアユご飯に味噌汁でした。この時期のアユは、産卵前なので白子か子を腹にたっぷり持っていておいしいです。

image252.jpg

image25.jpg

 こうして書いていると、毎日おいしいものを贅沢に食べまくっているようですが、実は朝食や昼食はたいした物を食べているわけではありません。強いていうなら、意識的に夕食はおいしいものを食べるようにしています。それは、毎日自分の足で走らないと行けないからです。晴れようが雨が降ろうが関係なく、毎日走りつづけるためには、夕食こそ大切なのです。寝るところは目をつぶってしまえば同じですが、栄養はそうはいきません。

 さて、朝と昼に何を食べているかというと、コンビニでサンドイッチやアンパン、グレープフルーツジュースを取ることが多い。その他に栄養補食としてハーバーライフのF1~F4をとることにしています。内容はというと、プロテインとビタミンと総合ミネラル剤です。コンビニで止まるたびにグレープフルーツジュースをかなりの頻度で飲んでいるのは、何かの本にグレープフルーツには疲労回復物質が多く含まれていると書いてあったからという単純な理由です。調子はいいです。

 今日は、ハートレートモニター(心拍計、以下HRM)のトランスミッターの電池がとうとう切れました。数日前から203拍/分とか考えられない数字が出始めていたので、そろそろかなと思っていたら、とうとう切れしました。ケイデンスと心拍数を頼りに走っているので、基準となるものがなくなると本当に走りにくいです。

 なぜHRMを使っているかといえば、体の中にたくさん蓄えられている脂肪を燃焼させて効率良く走るためです。脂肪を燃焼させるに最も良い運動強度を把握するための、客観的指数として採用しています。
 キャノントレーディングに電話して、九州でHRMのトランスミッターだけ置いているところをたずねましたが、置いているところはありませんでした。無理を言って大阪のキャファから送ってもらうことになりました。辻本さんありがとうございます!

スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。