FC2ブログ

神戸・三宮の整体サロン Soleil 近藤 光の健康講座

民間療法の限界にチャレンジする整体サロンの院長が紹介する健康法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
めいすいひゃくせん 昭和60年に環境庁によって全国から100ヶ所が選定された。それが「名水百選」である。選定にあたっては地球科学、民俗・地理学、自然保護、水質科学、河川学、水生生物学などの学識経験者が加わっている。
 選定の目的は、全国にある清澄な水の再発見にあり、ひいては水質保全や水質資源・水環境保護などについて、多くの国民に関心抱いてもらうことにある。
 選定の基準は水質、水量、周辺の環境、親水性の観点からみて状態が良好なところ、地域住民などによる保全活動があるところなどを必須条件とし、ほかに規模や故事来歴、特異性、知名度などが検討の対象になった。また選定に先立って、全国の都道府県が環境庁に推薦した名水はなんと784ヶ所にも上ったという。
 百選は、47都道府県のすべてから選ばれているが、もっとも多い県が富山県と熊本県で4ヶ所ずつ。最北にある名水は北海道の利尻島の甘露泉水で、利尻富士の登山者ののどをうるおし、もっとも南は沖縄本島の垣花樋川で、男女別々の水汲み場があり、水浴にも使われてきた。標高では2,400mを超える立山玉殿の湧水(富山県)がもっとも高く、清冽な水が湧く。
 百選を水の種類別に分けてみると、湧水74、地下水5、河川18、用水2、自噴井1になる。湧水が圧倒的に多い。地下水は5つのうち4つが近畿地方である。唯一の自噴井はうちぬき(愛媛県)で、西条市の2万世帯の、なんと8割がその恩恵を受けている。また日本最大の湧出量を誇るのが柿田川湧水群(静岡県)だ。湧水の東の横綱が柿田川とすれば、西の横綱はうちぬきといえるだろう。
 河川では、広瀬川や太田川のように大都市を流れる河川や、木曽川、長谷川、四万十川といった大河川も選ばれている。(昭文社 名水めぐり より)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。